薄毛治療を始めよう|コンプレックスを排除せよ

基本的な服用の仕方

医薬品

飲むときの注意点

名古屋には男性型脱毛症の薬、プロペシアを処方している病院が沢山あります。プロペシアを飲めば、ほとんどの男性型脱毛症は治ると言われています。そうしたことから、名古屋でもプロペシアが大人気です。ただし、プロペシアはサプリメントではなく、れっきとした医薬品です。決められた飲み方を守らなければ、飲んでも薄毛が治らなかったり、副作用が出たりすることがあります。特に自己判断で通販サイトでプロペシアを購入して服用している人は、副作用のリスクが高くなるので要注意です。病院なら正規ルートで本物のプロペシアが手に入り、副作用が出たとしてもすぐに医師に診てもらえます。名古屋に住んでいるなら、名古屋の病院で処方してもらうのが一番安全です。1粒あたり0.2mgと1mgのプロペシアがあり、1日一回、1粒服用するのが基本です。プロペシアの1日の上限は1mgです。ただし、病院で1粒0.2mg処方されたからといって、1日5粒飲んではだめです。病院で処方される薬は患者一人一人の体への負担を考えた量になっているので、0.2mg処方されたら0.2mgを守ることが大切です。また、例え飲み忘れた場合でも1日に何粒も飲むのはダメで、1日1粒がプロペシアの服用の原則です。飲み忘れ防止のため、体内のプロペシアの濃度を24時間一定に保つために、毎日同じ時間に飲むのがお勧めです。胃腸が弱い人は食後に飲むようにすれば胃への負担が減ります。